よりよいハウスメーカーを選ぶこと~犬山市で新築を検討する~

注文住宅を建てると決めてからは、ハウスメーカー選びで日々忙しくなりました。
犬山市で新築を検討していた私は、住宅展示場が近くにあったため、いくつものハウスメーカーを一度に見ることができる住宅展示場へは、何度も足を運んだものです。
私達の頭で描いていた部屋数、間取りなどはなんとなくイメージができていた為、気に入ったハウスメーカーへイメージを伝え、設計して頂く予定でした。
犬山市で新築をするなら木造住宅と決めていた私達は、あるハウスメーカーが気に入りそちらへ設計の依頼をしたのです。
担当して下さった設計者へ、部屋数やリビングに吹き抜けが欲しいことを伝えたところ出てきた簡単な設計図は全く私達のイメージとは違っていました。
設計者へあらためて希望を細かく伝え書き直して頂いたのですが、前回とほとんど変わらず私達の思い描いているイメージが設計者へうまく伝えられなかったのかそれとも設計者に私達のイメージを汲み取る能力がないのか、徐々に疑問に思う点が多くなってきました。
そんなやり取りを何度も繰り返した挙句、話が全く先へ進まないことに苛立ち、私は父へ相談することにしたのです。
そして一級建築士である父に私達の思い描く家を設計してもらうことにしました。
父はとっくに現役を引退し、現在は仕事をしていませんでしたが腕は確かでした。
私達のイメージを取り入れ、プロとしての考えをプラスした設計図面が2種類ほど出来上がったのです。
それは今までに見たことのない外観と、導線を考えた設計図。収納も多く取り入れてくれました。
私達は一目で気に入りハウスメーカーへその図面を持ち込みました。
父の書いた図面通りにお願いすることには少し気が引けた為、父の図面を参考に書き直して欲しいとお願いしたところ
設計者は受け入れてくれなかったのです。
それでは仕方がないと建築依頼を断わることにしました。担当して下さった営業の方は、本当に親切でよくして下さっていたので
残念でしたが仕方ありません。
新たに見つけた犬山市にあるハウスメーカーでは、持ち込みの設計図面を快く受け入れて下さり、担当して下さった設計者は父の手書き図面を元に
CADで図面をおこし何度も打ち合わせを重ね、よりよい住まいになるよう手直しをして下さいました。
それが現在私達が住んでいる家です。
今あらためて思うことは、自分達の思い描く家を手に入れる為にはハウスメーカー選びはとても重要だということ、納得するハウスメーカーを選び決して妥協しないことが大切だと実感しています。