各務原市で新築を建てる

岐阜県各務原市で新築を建てる方にとってお得な情報です。

◆岐阜県各務原市の擁壁の種類

岐阜県各務原市で擁壁の設置に関する技術的基準は、宅地造成等規制法施行令第6条できめられています。

「鉄筋コンクリート造、無筋コンクリート造又は間知石(けんちいし)練積み造(ねりづみ)その他の練積み造のものとすること」と定められています。

また、これとは別に自治体の条例などがある場合もあります。(岐阜県各務原市の場合はあります。)

では、簡単に擁壁の種類をご紹介します。

 

  • 岐阜県各務原市の現場打ちコンクリート

言わずと知れたコンクリートによる擁壁です。

岐阜県各務原市で新築を建てる際には、擁壁の高さに応じて鉄筋を入れ補強を施し抵抗力を高め背面には栗石や砂利などで裏込めを施し水抜きパイプを設置します。

 

  • 岐阜県各務原市の型枠コンクリートブロック

擁壁に用いられるコンクリートブロックは型枠状のブロックで中の空洞に鉄筋を配しコンクリートやモルタルで充填し耐力壁として用います。

最近では岐阜県各務原市で新築を建てる際に、表面に化粧を施した型枠ブロックも使われており、修景擁壁としてオススメの構造材です。

 

  • 岐阜県各務原市の土留用L型コンクリートブロック

内部に鉄筋を施したL型のコンクリートブロックで比較的施工が容易で間知石(コンクリート)の2分の1程度の費用で設置できるコストに優れたオススメの構造材です。

 

以上、擁壁に関する岐阜県各務原市で新築を建てる方にとってお得な情報でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です